教科書・教材の購入

推薦教材申込フォームへ

教科書購入について

大学の講義(授業)で使用する教科書は、講義を受ける方それぞれが各自の責任で購入することになっています。受講可能な講義の中から自分が受ける講義を自分で決め、それぞれの講義で使用する教科書を、自分で購入する必要があります。講義で使用する教科書の多くは、生協で販売いたします。生協に加入いただいている方は10%割引で教科書を購入することができます。

教科書の購入方法については、入学後のオリエンテーションにて詳細の説明があります。そちらで確認をしてください。

※リハビリテーション学科の教科書については、生協では販売をいたしません。

おすすめ自主学習教材について

  1. 電子辞書について

     電子辞書の保有率は80%を超えており、大学生にとってほぼ必須の勉学アイテムと言えます。
     高校時代の電子辞書を使い続ける方もいらっしゃいますが、4年間又は卒業後を見据えて、大学入学の機会に買い替える方も多いようです。購入する場合は、大学生の学習環境、用途に対応した電子辞書を購入することをおすすめします。
     社会福祉学部・看護学部・リハビリテーション学科の方は、「専門用語」辞典がついたものをおすすめします。専門科目の学習だけでなく、実習や国家試験対策にも活用することができます。

  2. 英語学習教材について

     大学・社会で求められる英語力とは、「英語を使ってコミュニケーションができる」力です。「英語コミュニケーション力」をはかる物差しとして、世界中で用いられているのが「TOEIC」です。結果は10点〜990点のスコアで示され、現在の自分の英語コミュニケーション力を絶対評価で知ることができます。600点が就職活動でアドバンテージとなるレベルとされています。

     TOEICのスコアを伸ばすことが「英語コミュニケーション力」につながります。そしてそのスコアを伸ばすには、スポーツと同じように日常的なトレーニングを一定期間続けることが重要になってきます。生協と英語学習教材専門出版社「アルク」と共同開発した「英語学習アカデミックパック・TOEICスターターキット」は、TOEIC対策を通じて、英語コミュニケーション力を身に付けるための学習の「型」をつくるための自己学習教材です。ぜひこの教材を利用して大学生の英語学習の第一歩を踏み出してください。

    参考リンク:http://www.alc.co.jp/college/apack/

新入生応援サイト トップへ

ページの先頭へ